診断の精度を高める設備

CT診断システムCT診断システム
CTとは、Computed Tomography (コンピュータ断層撮影)の略で、X線を利用した断層撮影装置です。CT診断は、インプラント手術における重要な診断の一つで、骨の厚みや深さ、血管や神経を正確に把握し、シミュレーションを行うことで、より安全で確実、かつ精度の高い治療が実現します。

レントゲンとの大きな違いは情報量の多さです。レントゲンでは、一つの情報に対して一方向からしか撮影できませんが、CTでは被写体に対して、360度ぐるりと撮影できるので、より多くの情報を得られます。撮影した画像をコンピュータに取り込み、モニター上に三次元で再現するためあらゆる角度から口腔内が確認でき、より正確な診断と治療計画を作製できます。

当院では、インプラント手術の安全性を高めるために、いち早くCTシステムを導入いたしました。

デジタルレントゲンデジタルレントゲン
被ばく量の少ないレントゲンシステムです。現像式のレントゲンに比べると、被ばく量が最大で10分の1と少なく、患者さまの身体に優しいシステムです。撮影した画像は、コンピューターに転送してモニターで確認でき、鮮明な画像で軟組織や歯の根、骨の状態などを把握することができます。デジタルレントゲンの導入により、撮影から診断までスピーディに行えるようになり、診断の精度が高まりました。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております