お口の健康を守る予防歯科

予防歯科

・むし歯になりたくないので、定期的にチェックして欲しい
・歯ブラシが上手く当たらないので、汚れが残ってしまう
・歯周病が気になるので、歯のクリーニングでお口の中をキレイにしたい

最近、お口の中の汚れを気にする方が増えてきました。汚れが残っていると、お口の中の衛生環境が悪くなり、むし歯や歯周病ができやすくなります。予防歯科でお口の中の環境を整えれば、歯の健康を守ることができます。当院の予防歯科で、むし歯や歯周病を防ぎましょう。

予防歯科は、むし歯や歯周病を作らないための予防的な処置です。定期的に観察して口腔疾患の早期発見、治療を行い、お口全体の健康を守ります。

歯科医の役割り=歯を守ること

歯科医の役割りインプラントや入れ歯、ブリッジ治療をすれば、失った歯の機能を取り戻すことができます。しかしどんなに優れた治療でも、天然の歯にかなうものはないでしょう。たとえむし歯・歯周病治療で歯を残せたとしても、健康な状態には戻りません。当院では、できるだけ抜かない・削らない治療を心がけていますが、それ以上に重視しているのは、歯の健康を守る予防歯科です。

歯が健康になると笑顔が増える
歯科医の仕事は「歯を削る」ことだと思われがちですが、本来の仕事は患者さまの「歯を守る」ことです。予防を意識しながら、できるだけ削らない・抜かない治療を心がけています。お口の中が健康になると、口元が美しくなり患者さまの笑顔が増えてきます。当院の予防歯科で、患者さまの笑顔を守るサポートをいたします。

歯と全身の密接な関係

歯と全身の密接な関係日本人の多くは歯が悪くなってから治療に来ますが、歯科治療の先進国スウェーデンなどでは、予防のために予防歯科を受けています。その結果、80歳の段階で残っている歯の本数は平均21本。一方の日本では6.8本と圧倒的な少なさです。厚生労働省では、80歳で20本の歯を残す「8020運動」を推奨していますが、それでも欧米諸国と比べると、まだまだ少ないといえるでしょう。

歯を失うとアルツハイマー症リスクが高まる!?
最近、歯とアルツハイマーとの関係がクローズアップされています。食べ物を噛んだ時にあごから脳に刺激が伝わって、アルツハイマー病のリスクが軽減されるといわれています。名古屋大学が70代後半の高齢者の残歯数を調べたところ、アルツハイマー型認知症の人でわずか3本、健康な人では平均9本。この結果からも分かるように、残っている歯が少ないほど、アルツハイマー発症リスクが高くなることが分かります。

(参考サイト:http://www.yda.jp/images/panphlet/20140523.pdf

歯周病の毒素が全身に悪い影響を与える
重度の歯周病は、全身の健康に多大な影響を与えます。歯周病菌の毒素が血管を介して全身に回り、血管の壁を塞いでしまうと、狭心症・心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こします。また、糖尿病の合併症の一つともいわれ、最近の研究では、歯周病になると糖尿病の症状が悪化することが明らかになってきています。

このように、歯の健康と全身疾患とは密接な関わりがあります、お口の中の環境を整えることで、ある程度の病気を予防することができます。予防歯科でお口と全身の健康を守りましょう。

当院の予防歯科メニュー

スケーリング予防歯科メニュー
専用器具を使った歯石取りです。歯の表面に付着した歯石をスケーラーと呼ばれる器具を使って、1本1本ていねいに取り除いていきます。歯石と一緒に細菌も除去することで歯周病を改善し予防につなげます。

PMTC予防歯科メニュー
PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは、歯科衛生士が行う本格的な歯のクリーニングです。専用器具を使って歯の汚れを落としていき、研磨剤で1本1本の歯を磨きあげていきます。普段のお手入れでは手が届かない、歯と歯のすき間や奥歯などに残っている汚れを除去して、お口の中全体がキレイになります。細菌も一緒に取り除くので、むし歯や歯周病の予防にもつながります。

エアフロー予防歯科メニュー
茶シブやたばこのヤニは、PMTCではキレイに落とすことができません。エアフローは、微粒子の入ったウォータースプレーを吹きつけて、頑固な着色汚れを除去します。ジェット噴流で汚れを吹き飛ばすため、施術後は歯の表面のくすみが取れて、滑らかになります。

歯ブラシ指導予防歯科メニュー
歯科衛生士が正しい歯磨きの仕方を指導します。歯ブラシがあたりにくい場所を鏡に映し、一緒に歯ブラシを握っていただきながら、汚れを落としやすいブラッシング方法をお伝えします。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております