お子さまに無理をさせない小児歯科

小児歯科

・診察室に入ったら急に泣き出してしまった
・無理やり歯を削られて、歯医者さん嫌いになってしまった
・ユニットに座っても、口を開けようとしない

このように、お子さまの歯医者さん嫌いでお困りではありませんか。お子さまは大人が考えている以上に繊細で、さきほどまで平気で治療を受けていたとしても、ちょっとした痛みや刺激が原因で、突然泣き出してしまうことがあります。当院の小児歯科では、お子さまに無理をしない・させない治療を心がけています。

お子さまは痛みを感じると治療を嫌がるので、その子のレベルに合わせて慣れるようにしていきます。最初は泣き出してしまったお子さまでも、ちょっとしたきっかけがあれば、治療ができるようになります。お子さまごとに性格は違いますが、院長が一人ひとりを見ながら対応しますのでご安心ください。

まずは、できることから始めます

小児歯科初めて診察室に入ってきたお子さまを、いきなり治療しようとすると泣きだしてしまいます。当院では、お子さまの性格を見ながら、ステップを踏んでできることから始めていきます。

怖くないことが分れば、もう大丈夫!
ユニットに座ってもらい、そのまま椅子を倒します。仰向けになって、お口を開けてもらったら、「エアーを吹きかけるけど大丈夫かな?」と声をかけて、空気を吹きかけます。それができたら水をかけ、その次のステップで、バキュームで水を吸い取ります。ここまでクリアできたらもう大丈夫です。治療器具をお口の中にいれても、怖くないことが分かり、嫌がらずに治療を受けられるようになります。

時にはご家族に協力をお願いすることもあります
まれに、痛みがひどくても治療を嫌がることがあります。早急に治療が必要な場合もあります。その際はご家族にも協力してもらい、お子さまが暴れて怪我をしないように押さえていただく場合があります。原則的に無理な治療はしませんので、ご安心ください。

定期検診でお子さまのデリケートな歯を守る

定期検診お子さまの歯はとても柔らかいため、油断するとむし歯になってしまいます。特に乳歯や永久歯に生え変わったばかりの歯はデリケートです。むし歯を防ぐためにも、定期検診が重要です。定期検診では、お口の中のむし歯のチェックとお掃除をして、むし歯になりにくい環境に整えます。また、定期検診を受けることによって、むし歯の早期発見・早期治療につながります。定期検診で、先々にわたりお子さまの歯の健康をお守ります。

歯並びや噛み合わせもチェックします
最近、お子さまの歯並びや噛み合わせを心配するご家族が増えてきました。定期検診では、お子さまの歯並びや噛み合わせも一緒に診ていきますので、治療が必要なお子さまには、専門医による矯正相談をご案内しています。矯正専門医が治療を始める時期や治療の必要性を見極めます。

小児歯科メニュー

歯磨き指導小児歯科メニュー
むし歯予防の一番効果的な方法は、毎日の歯磨きです。歯磨きのコツがつかめる歯ブラシ指導をします。歯科衛生士が歯ブラシの握り方や動かし方を優しく教えていきますので、楽しみながら正しい歯磨きを覚えていきます。しっかりコツをつかんで、むし歯知らずのお子さまに育てましょう。

フッ素塗布
歯質が弱いお子さまは、むし歯が多い傾向にあります。フッ素には、歯を強くしてむし歯を予防する効果があります。市販のフッ素配合の歯磨き剤や洗口剤がありますが、歯医者さんで塗布するフッ素は濃度が高く、より高いむし歯予防効果が期待できます。お口の中のお掃除をした後、歯の表面にフッ素を塗布します。特に、乳歯や生え始めた永久歯には効果的です。

シーラント小児歯科メニュー
奥歯は歯ブラシが届きにくいので汚れがたまってむし歯になりやすい場所です。そこで、シーラントでむし歯を防ぎます。シーラントは、奥歯の溝に特殊な樹脂で蓋をして、汚れを溜まりにくくする予防的な処置です。痛みや苦痛のない安全な処置で、取れなければ効果は持続します。当院では、状態を見ながらシーラントが必要なお子さまに対応しています。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております