歯周病の進行

G歯周病の進行
歯周病の内、炎症が歯ぐきの範囲内に納まっている状態のことを指し「歯肉炎」と表現します。
※尚、歯ぐきを越えて歯を支えている骨にまで炎症の範囲が広がっているものを歯周炎と表現し、それぞれ程度によってP1~P4に段階分けをします。

P1歯周病の進行
炎症の範囲が歯ぐきを越えて歯槽骨(歯を支えている骨)にまで到達した状態を指します。
歯と歯ぐきの間の溝が3mm程度と健康な状態より深くなっています。通常余り症状は有りませんが、歯磨き時に痛みや出血が見られます。比較的短期間の通院と正しい歯磨き習慣とで、それ以上の進行を防ぐことが出来ます。

P2歯周病の進行
炎症によって溶かされた骨の量が更に多くなり、歯と歯ぐきの間の溝も(P1より)4~5mm と深くなっている状態を指します。歯が若干左右に揺れたり、歯ぐきからの出血や口臭で気付くことがあります。

P3歯周病の進行
歯と歯ぐきの間に出来た溝が6mm以上の深さに達した状態で、もはや自力で治すことは不可能です。この時期になると歯もかなり大きく揺れるため、硬いものを噛むと痛みや不安を感じます。口臭もかなり強烈です。

P4
歯を支えている骨がほとんど無い状態です。歯は前後左右・上下にも動いてしまう状況で、痛みも強く噛む動作ができません。歯を治療して残す選択肢はありません。出来る限り早期に歯を抜き、入れ歯などで対応します。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております