2020年4月16日

新型コロナウイルス感染予防のために

新型コロナウイルスの流行に伴う患者様へのお願い
熱。咳などの風邪症状がある方へ
平素より、ご来院頂き、ありがとうございます。
現在、新型コロナウイルスがこの日本でも流行しております。そこで当院では、院内感染を防ぐため、熱・咳の風邪症状ある患者様や味覚・嗅覚異常のある患者様、直近1ヶ月以内に中国・韓国・アメリカ・ヨーロッパ等の感染が確認されている国への渡航歴のある方に関しましては、万が一の感染を考慮し、念のためご来院をお控えいただきますようお願いいたします。
今回のキャンセルにつきましては可能な限り、次回のアポイントを早めにご用意できるよう努めますので、発熱のある方、4日以上続く場合は検査後、4日以内であれば解熱後のご予約のお取り直しをして頂きますようよろしくお願いいたします。


院内感染予防のために
新型コロナウイルスの感染経路として、飛沫感染・接触感染が確認されています。
○飛沫感染・・感染者がくしゃみや咳などの飛沫から第三者がそれを吸い込むことで感染
○接触感染・・感染者がくしゃみや咳を手で抑え、その手で触れたものを第三者が接触し、口や粘膜を触ることで感染
尽きましては、ご来院時の感染予防として、待合室でのマスクの着用や手の消毒など
院内での感染予防に、ご協力をお願いいたします。
混雑時、お付き添いの方は極力入室をご遠慮下さい。お車でおこしの方は駐車場のお車でお待ち下さい。

院内感染予防への取り組みとお願い患者様への感染を防ぎ、患者様からの感染を防ぐため
POIC水での消毒のお願い
院内にPOIC消毒水を備え付けしております。アルコールやエタノールよりも何倍も殺菌力が高く、かつ 何倍も害のない安心安全なPOIC水です。
待合室混雑時のお願い
待合室混雑時、密集を防ぐため、極力付き添いの方の入室はご遠慮ください。お車でおこしの方、駐車場のお車でお待ち下さい。
咳エチケットにご協力ください
治療時はお口を開けて治療を受けていただきます。その際、歯科医師並びにスタッフは、マスクを着用し、また、隣の診療台との間に仕切りがございますが、万が一、咳き込む場合はティッシュ・ハンカチ・服の袖等で口鼻を覆う(咳エチケット)にご協力下さい。
マスクを着用してお話致します
歯科医師・スタッフからの飛沫防止、歯科医師・スタッフへの感染予防のため、カウンセリング時・治療の説明時もマスクを外さずお話させていただいております。お顔を見せずに大切なお話をするのは不本意ですが、ご了承いただきますようお願いします。
換気をしております
診療時間中、複数回換気を行っております。まだまだ肌寒い日がございますが、換気中、寒いと感じられた際は、上着を羽織っていただくなど、ご協力頂きますようお願いいたします。
毎朝検温をしております
スタッフは全員、毎朝の検温を義務づけております。発熱がある場合の出勤は認めておりません。また、患者様に対しても検温をお願いすることがございますのでご協力お願いいたします。

当院の院内感染予防対策について
コロナウイルスの不活性化および、滅菌・消毒・ディスポーサブル(使い捨て)徹底
エピオスエコシステム
エピオスエコシステムは、殺菌力と安全性をもつ殺菌水を生成し、ユニット内の給水・吐水の残留塩素濃度を適正に保ち、衛生的で安全な歯科治療水を可能にした装置です。
生成された水(POICウォーター:ポイックウォーター)は、高い殺菌力をもつと同時に、ほぼ全ての細菌・ウイルス(季節性インフルエンザ・HIV・肝炎など)を殺菌します。また、薬剤・薬品などは一切使用せず、高純度の塩と超純水だけを「電気分解」して生成したものです。これにより、細菌に汚染されていない清潔で安心な歯科治療水で、患者様の口腔内を衛生的に保ち、安全な治療を実現しています。


院内感染予防のために
当院では、新型コロナウイルスのみならず、平素よりその他の感染症予防のために、滅菌・消毒を徹底して行っております。
治療に使用する器具はすべて滅菌し、手袋・エプロン・コップなどはディスポーサブル(使い捨て)で、患者様お一人ごとに交換をしております。
また、お一人の患者様の治療が終わられるたび、診療台もPOIC水による徹底した消毒を行っておりますので、患者様から患者様へ、スタッフから患者様への感染予防の努力を最大限行っております。

さとし歯科医院

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております