薬を使ったできるだけ削らない治療

できるだけ削らない治療

これまでのむし歯治療は、むし歯になった部分を大きく削って薬を詰め、詰め物や被せ物を入れてむし歯を治してきました。むし歯をきっちり削り取れば問題ありませんが、少しでも残っていると、再発の恐れがあります。また見た目は小さくても、むし歯が歯の内側まで大きく広がっている場合は神経を取らなければなりません。最近では、歯を大きく削る治療そのものに疑問を投げかける歯科医も増えてきました。

当院では、3mix法やドックスベストを使った、できるだけ削らない治療に力を入れています。薬の力でむし歯菌を殺菌するので再発予防にもなります。大きなむし歯でも神経を抜かずに治療でき、歯そのものの健康を守ることができます。麻酔を使わず痛みもありませんので、歯を削る時のストレスを感じている方は、当院までご相談ください。

3種類の抗菌剤で歯を削らずにむし歯を治す3mix

3mixはむし歯治療の一つで、3種類の抗菌剤を使ってむし歯菌を殺菌する治療法です。むし歯になった部分をほんの少し削り、3mixで蓋をして、その上から詰め物を入れます。抗菌剤が作用して細菌が死滅するので、むし歯の再発予防ができ、削る量もごくわずかですむので健康な歯を残すことができます。痛みもほとんどないので、歯と患者さまの身体に優しい治療です。お子さまからご年配、妊産婦まで、あらゆる方に適応できます。

<3mixのメリット>
・歯をほとんど削らずにすむので、健康な歯を残すことができる
・麻酔を使わずに治療ができる
・むし歯の再発がほとんどない

銅イオンの作用でむし歯を削らずに治すドックスベストセメント

ドックスベストセメントドックスベストセメント法(Doc's Best Cement)は、これまでの歯を削ってむし歯を治す治療と違い、銅イオンの力でむし歯菌を死滅させる、むし歯治療の概念を覆すような、画期的なむし歯治療法です。

むし歯の進行を食いとめて再発を防ぐ
むし歯になった部分をほんの少しだけ削り、そこにドックスベストセメントを詰めます。この時細菌は残ったままですが、ドックスベストセメントには、むし歯菌を殺菌する作用があり薬の作用で無菌状態になります。その上から詰め物で密封すると、細菌が死滅してむし歯の進行が止まり、再石灰化します。

人体に安全な銅イオンが殺菌するので、神経付近に達しているむし歯でも、抜髄処置をせずに神経を保存することができます。また、根管治療や知覚過敏の治療にも、ドックスベストセメントは有効です。これにより、歯をほとんど削らず、麻酔も使わずに治療ができるようになりました。

アメリカ最大の歯科医会が安全性を認める
ドックスベストセメントは、近年のアメリカで開発された、銅イオン(ミネラル)を配合した新発想の薬です。アメリカの歯科医院では、ドックスベストセメントを使った治療が広く行われています。高い殺菌力があり、アメリカでもっと大きな歯科団体・アメリカ歯科医会(ADA)からも安全性が認められている、安全性の高い薬です。

<ドックスベストセメントのメリット>
・歯を大きく削らずに治療ができる
・麻酔をしなくても痛みのない治療ができる
・殺菌力のある銅イオンの働きで、永続的な治療効果が期待できる
・細菌を死滅させるので、再発の心配がほとんどない
・お子さまのむし歯治療に効果的
・神経付近に達しているむし歯でも、神経を保存できる場合もある

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております