専門医と連携した高度なインプラント手術

高度なインプラント手術

インプラント治療は、治療方法が確立された安全な治療ですが、症例や骨の状態によっては、開業医レベルでは、対応が難しい場合があります。当院では、大学病院レベルの専門医と提携し、専門性の高いインプラント手術を提供しています。

特殊なインプラント手術にも対応します
骨が薄かったり、量が不足しているなど、骨の状態が悪い場合は、特別な処置が必要です。当院では、インプラント専門医による、骨造成手術やサイナスリフト、ソケットリフトにも対応しています。

※なお、骨の状態によっては対応が難しい場合もあります。

CTによる精密な診査・診断

CTインプラントは、あごの骨の中に埋入するため、主述の安全性を高めるために、事前に骨の状態を把握する必要があります。当院では、CT設備を完備し、CT検査でお口の中をあらゆる角度から確認し、骨の状態を正確に診断した上で、安全な治療計画を作成いたします。

撮影したデータをコンピュータに取り込むと、モニター上に口腔内の状態が三次元的に再現されます。レントゲンでは確認できない、骨の厚さや深さ、血管や神経の通っている場所まで分かるので、事前にシミュレーションして、安全な埋入位置を決定できます。

また、診断の結果、骨の状態が悪くても、特別な処置を行うことで、インプラント手術ができますので、その診断をする際にも、CTは重要な役割を果たしています。CT導入により、診断の精度が高まり、より安全で確実なインプラントが可能になりました。

AQBインプラント

AQBインプラント現在、日本で使用されているインプラント体の種類は、ブローネマルクインプラントやノーベルバイオケアなど、40種類以上あるといわれ、それぞれに特徴があります。歯科医院ごとに使用するシステムは異なりますが、当院は日本製のAQBインプラントを使用しています。

AQBインプラントは、歯根部の表面を特許取得の再結晶化HA(ハイドロアパタイト)でコーティングしている、スクリュー式のインプラント体です。ハイドロアパタイトにより短期間で骨と結合し、治療期間の短縮につながります。また、スクリュー式の採用により安定性が向上しています。

AQBインプラントのメリット
●治療期間の短縮
ハイドロアパタイトの働きで骨との結合性が早まり、通常のシステムに比べて治療期間が短縮されます。

●安定性の向上
歯根部分にスクリュー式を採用することで、骨の中にしっかり固定でき、長期にわたり安定した状態を保つことができます。

●生体親和性に優れている
埋入後、ハイドロアパタイト層の中に含まれているカルシウムやリンが溶け出して、接触する歯肉との結合を促してくれます。

インプラント治療の流れ

Step1.カウンセリングインプラント治療の流れ
患者さま一人ひとりに充分な時間を取って、カウンセリングを行います。気になることや不安なことがあれば、遠慮なく質問してください。ていねいにご説明いたします。

次へ
Step2.検査インプラント治療の流れ
精密検査を行い、お口の中や顎の骨の状態などを詳しく診査し、それをもとに治療方針を作成いたします。

次へ
Step3.手術インプラント治療の流れ
土台となるインプラント体を埋入する手術を行います。局所麻酔で患部に麻酔をかけるので、術中の痛みはありません。手術時間は30分程度で終わり、その日のうちにお帰りいただけます。術後の痛みは多少ありますが、抜歯程度ですのでご安心ください。

次へ
Step4.経過観察
術後1週間程度で抜糸をし、仮歯を装着して骨とインプラント体が結合するのを待ちます。結合するまでの期間は、およそ2~3か月です。

次へ
Step5.人工歯の装着インプラント治療の流れ
インプラント体の結合後、人工歯を装着します。通常、術後2~6か月程度で噛めるようになります。

次へ
Step6.メンテナンスインプラント治療の流れ
治療後は、定期的にメンテナンスをして、安定した状態を維持します。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております