薬を使ったできるだけ削らない治療

できるだけ削らない治療

これまでのむし歯治療は、むし歯になった部分を大きく削って薬を詰め、詰め物や被せ物を入れてむし歯を治してきました。むし歯をきっちり削り取れば問題ありませんが、少しでも残っていると、再発の恐れがあります。また見た目は小さくても、むし歯が歯の内側まで大きく広がっている場合は神経を取らなければなりません。最近では、歯を大きく削る治療そのものに疑問を投げかける歯科医も増えてきました。

当院では、3mix法やドックスベストを使った、できるだけ削らない治療に力を入れています。薬の力でむし歯菌を殺菌するので再発予防にもなります。大きなむし歯でも神経を抜かずに治療でき、歯そのものの健康を守ることができます。麻酔を使わず痛みもありませんので、歯を削る時のストレスを感じている方は、当院までご相談ください。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております