ペン型麻酔器を使った、痛みの少ない麻酔

ペン型麻酔器歯を削る時の痛みを抑えるために麻酔を使いますが、麻酔注射そのものに強いストレスを感じる方がいらっしゃいます。当院ではペン型の手動麻酔器を使うことにより痛みや違和感を少なくすることができるので、痛みに対する不安やストレスのない治療が受けられます。

ペン型麻酔器とは?
麻酔時の痛みの大きな原因は、麻酔液を入れる時の圧力と速度です。ソフトな力でゆっくりと注入することで、痛みや違和感を軽減できます。

ペン型麻酔器は、ボールペンに似た形をした麻酔器で、カチっと軽くノックするだけで、麻酔液の注入ができます。強く押し込む必要がないので、針を刺した時や注入時の痛みや違和感がほとんどありません。人によっては、注射器を見ただけでストレスを感じる方もいますが、ペン型麻酔器でしたら、心理的な不安も解消されるので、痛みへの不安が強い方でも安心です。

表面麻酔で針を刺した時の痛みを和らげる
麻酔をする前に、表面麻酔を効かせてから針を刺します。表面麻酔は、麻酔前に使用するジェル状の麻酔薬で、粘膜に直接塗ると、数分後には感覚が麻痺し、針を刺した時の痛みが分らなくなります。しっかり効かせてから麻酔をするので、針を刺した時の、チクッとした痛みが和らぎます。

ひと声かけて不安を和らげる
痛みの不安で一番多いのは、突然の痛みです。いきなり麻酔をすると、それ自体が強いストレスになることもありますので、「これから麻酔をするので、ちょっとチクッとしますよ」と、ひと声かけてから麻酔をします。こうすることで、患者さまの心構えができて安心できるようになります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております