できるだけ削らない、痛みの少ないむし歯治療

むし歯治療

・治療中の痛みが怖くて、心臓がドキドキしてしまう
・冷たい水が歯にしみるけど、できるだけ削らずに治してほしい
・歯を削る時の音や感覚が、強いストレスに感じる

このように、歯を削る時の痛みや不安で歯医者さんが苦手という方は多いようです。一昔前のむし歯治療は、歯を大きく削り、痛みを感じることもありました。最近では、治療技術が向上したため、できるだけ削らず、痛みの少ない治療が主流になっています。

当院は、最新のむし歯治療を取り入れた、できるだけ削らない、痛みの少ない治療です。麻酔のかけかたにも工夫をし、麻酔注射そのものの軽減にも努めています。これまでの治療で不安を感じていた方、歯をできるだけ残したい方は、当院までご相談ください。

当院のむし歯治療の特長

【特長】できるだけ歯を削らない治療歯を削らない治療
むし歯治療では、再発を防ぐために感染した部分を確実に削ります。肉眼では目に見えないむし歯が残ってしまう可能性があるので、削り残しをなくすために、拡大鏡で細部まで確認します。また、むし歯の状態などに応じて、3mixやドックスベストを使うことで、削る量を最低限に抑え、確実に殺菌して歯を長持ちさせます。

【特長】痛みの少ない治療
表面麻酔やペン型の麻酔注射器を使うことで、麻酔時の痛みや違和感を抑えています。ペン型の麻酔器は手動ですが、通常の手動麻酔器に比べると軽い力で薬が注入でき、ゆっくり注入するため痛みはほとんどありません。また炎症がある場合は、麻酔が効かず強い痛みを感じることがあります。その場合は、無理に治療をせずに薬で炎症を抑えてから麻酔をすると、痛みはほとんど感じません。痛みの不安をできるだけ取り除けるよう、細かい部分にまで配慮しています。

予防を意識したむし歯治療

予防を意識したむし歯治療むし歯は、お口の中に汚れがたまり、そこに細菌が住みついて感染する、お口の中の感染症の一つです。むし歯は風邪や打撲などと違い、自然治癒ができない病気です。放っておくと、どんどん進行していき、歯を抜かなければなりません。でも、むし歯にならなければ、嫌な治療を受けなくて済むのです。最高のむし歯治療とは、むし歯にならないことではないでしょうか。

当院では、予防を意識したむし歯の早期発見・治療に取り組んでいます。再発の少ない確実な治療と定期検診やメンテナンスで、お口の健康を維持管理し、むし歯の早期発見・早期治療へとつなげていきます。

むし歯の進行

むし歯は、細菌によって歯が溶かされた状態です。最初はエナメル質から始まり、象牙質に達すると炎症や痛みが伴うようになります。そのまま放置しておくと、治療が難しくなり、抜歯をしなければなりません。そうなる前に定期検診を受けて、早期発見・早期治療を心がけましょう。

CO(初期のむし歯)CO
症状:エナメル質が酸で溶かされて、茶色く変色した状態です。
治療:フッ素塗布と効果的な歯磨きで、再石灰化を促します。

C1(エナメル質のむし歯)C1
症状:エナメル質まで溶かされて穴があいた状態です。まだ神経に達していないため痛みなどの自覚症状はほとんどありません。
治療:感染部分をごく少量削り、詰め物を被せて治療します。

C2(象牙質のむし歯)C2
症状:さらに進行して象牙質まで穴が開いた状態です。神経近くに達しているため、冷たい飲食物や温かい物を取ると、しみたり痛くなったりすることがあります。
治療:進行が早く予断を許さない状態です。状態によっては歯を大きく削り、神経を取る抜髄をして、被せ物を装着します。

C3(歯髄のむし歯)C3
症状:さらに進行して神経部分に細菌が達した状態です。この段階になると、神経部分に炎症が生じて(歯髄炎)激しく痛む場合があります。
治療:神経を取って(抜髄)根の治療(根管治療)を行います。根管内の汚れを完全に取り除いて薬で密封し、被せ物を装着します。

C4(末期のむし歯)C4
症状:歯質がほとんどなくなり、根元だけが見えている状態です。激しい痛みを伴い、健康な歯にも悪い影響を与える恐れがあります。
治療:残っている歯質があれば根管治療を行い、歯を保存します。残念ながら、治療が困難な場合は抜歯となります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております