審美性と機能性を重視した審美歯科

審美歯科

歯の色や形は、口元の印象を左右するだけにとても気になるものです。そうした、歯の色や形に関する悩みを解消する治療が審美歯科です。審美歯科とは、歯の形や色を整えて美しく見せるための治療で、いわば歯のエステ。古い銀歯から白い人工歯に変えたり、歯そのものをホワイトニングで白くしたりすることで、口元の見た目を美しく整えます。

ていねいな処置で長持ちさせる
審美歯科というと、美しさだけを重視しがちに思いますが、いくら美しくても、きちんと噛めなければ歯は機能しません。また、しっかり噛めても見た目が損なわれてしまっては、かえって不満が残ります。

当院の審美歯科は、審美性と機能性を考えた長持ちする治療です。ていねいに削り、正確に型取りをし、歯ぐきの状態をコントロールしてから隙間のないようしっかり被せます。歯と歯ぐきの間のすき間をなくすと、汚れが溜まりにくくなり、新たなむし歯や歯周病を防ぐことができ、長持ちすることもつながります。

まずは歯周病のコントロールから
歯周病などで歯ぐきの状態が悪い状態で被せ物を装着すると、見た目が悪くなるばかりか、歯と歯ぐきの間に隙間ができやすくなり、歯周病をかえって悪化させてしまいます。補綴物を被せる前に歯周病をコントロールし、症状が重い方は仮歯を入れてシミュレーションを行った後に本歯を装着します。

補綴カウンセリングでベストな方法をご提案

補綴カウンセリングカウンセリングはタイミングや状況に応じて異なりますが、補綴カウンセラーや院長が担当し、実際の素材をお見せしながら、特徴やメリット・デメリット、費用についてご説明します。その上で、患者さまご自身でお選びいただきます。

からだに優しいメタルフリー素材
素材を選ぶ時は、審美性・機能性はもちろんですが、全身の健康に影響がないことも大切な要素です。当院では、全身の健康を意識し、オールセラミックなどのメタルフリー素材を中心としたご提案をしています。金属がお口の中で溶け出して、身体の中に蓄積されると、金属アレルギーを引き起したり、健康を害する恐れがあります。メタルフリー素材は金属を使っていませんので、金属アレルギーの心配がなく、歯と全身に優しい素材です。

当院の審美歯科メニュー

オールセラミックオールセラミック
セラミック素材の人工歯です。自然の歯と同じ白さと光沢があり、天然の歯と変わらない美しさがあります。強度と耐久性があるので壊れにくく、変色や汚れもつきにくいので、お口全体を健康に保つことができます。

ハイブリッドセラミックハイブリッドセラミック
セラミック素材とプラスチック素材をミックスした材料で作った人工歯です。セラミックの美しさと、プラスチックの柔かい性質を併せ持ち、噛み合う歯にダメージが少ないといえます。ただし、色調はオールセラミックに比べるとやや劣り、経年変化による変色があります。

ラミネートベニアラミネートベニア
歯の表面に貼り付けるセラミック製の板状の人工歯です。歯の表面をごく薄く削り、その上から装着します。歯と歯の間に隙間がある場合や、歯の形や大きさを揃える時に使用します。大きく削らずにできるので歯に与えるダメージが少なく、大掛かりな矯正治療を避けることができ、治療期間や費用を抑えることができます。

ファイバーコアファイバーコア
コアとは、差し歯や被せ物の土台で、芯の部分にグラスファイバーを使用しているのがグラスファイバーコアです。グラスファイバーはしなやかさがあり、噛んだ時の力を吸収してくれるので根の破折リスクを軽減します。透過性があり、被せ物本来の白さを再現してくれます。

ホワイトニング

ホワイトニング歯のクスミや黄ばみがあると、口元の印象が悪くなります。こうした変色は歯磨きでは落とせませんが、ホワイトニングであれば、簡単に白くなります。当院では、二種類のホワイトニング・メニューをご用意しています。患者さまのご要望に合わせて、最適な方法をお選びいただけますので、クスミや変色が気になる方は、お気軽にご相談ください。

オフィスホワイトニング
歯医者さんで施術するホワイトニングで、歯の表面を白くする方法です。歯の表面に専用のホワイトニング剤を塗り、特殊な光をあてて薬を浸透させます。1回の処置で白さが実感でき、2~3回の施術で見ちがえるような白さになります。

ホームホワイトニング
ご自宅で行うホワイトニングで、ホワイトニング剤を入れた専用のトレーをお口の中にいれて、そのまま一定時間装着します。ホワイトニング剤がゆっくりと浸透していき、2~3週間ぐらいで、自然な白さになります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております