二人三脚で取り組む歯周病治療

歯周病治療

・朝起きると、お口の中がねばねばしていて気持ちが悪い
・歯を磨くと、歯ブラシに血がにじんでいる
・歯ぐきの腫れや痛みがある
・周りから口臭がキツイと指摘された

このような歯ぐきの症状でお困りではありませんか。歯ぐきの腫れや出血などのトラブルは、歯周病のサインです。一つでも当てはまる症状があれば、歯周病の可能性がありますので、早めに歯周病検査を受けましょう。

歯周病治療の基本は、患者さまの日頃のお手入れと、歯科衛生士によるクリーニングです。患者さまと歯科衛生士の両方がなければ、歯周病の根治は難しいでしょう。当院の歯周病治療は、患者さまと歯科衛生士が二人三脚で進めていく治療です。歯科衛生士が、患者さまとコミュニケーションを取りながら、歯や根に付着している細菌(歯垢・歯石)をていねいに除去して、歯周病をコントロールしていきます。

歯周病完治には時間がかかり症状の改善が分かりにくく、時には患者さまのテンションも下がりがちです。歯科衛生士は、患者さまの状態を見ながら適切なアドバイスをしますので、歯周病完治を目指して一緒にがんばりましょう。

歯周病とは?歯周病
歯周病は、歯に付着した汚れ(歯垢)に住みついた細菌が引き起こす病気です。初期症状はほとんどなく、歯ぐきの腫れや出血などの症状が現れた時にはかなり進行している可能性があります。進行すると歯を支えているあごの骨を溶かしていき、歯がぐらつくようになります。放っておくと歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気ですが、初期段階であれば完治可能です。歯周病から歯を守るためにも、歯周病検査を定期的に受けて、早期発見・早期治療を心がけましょう。

カウンセリングで歯周病予防のアドバイス

歯周病予防歯周病は自覚症状がないので、初診時の検査で、初めて歯周病になっていたことを知る場合がほとんどです。カウンセリング時には、歯周病の原因と併せて、食生活や生活習慣の見直しや、全身疾患との関連性などについて説明しています。

歯周病と全身疾患の関係
歯周病は顎の骨を溶かす病気ですが、近年では、全身に悪い影響を及ぼしていることが明らかになってきました。特に糖尿病との関係は密接で、糖尿病患者の歯周病発症率は高く、歯周病により糖尿病が悪化することもあり、「歯周病は糖尿病の合併症の一つ」とさえいわれています。また心筋梗塞や狭心症、脳梗塞などの発症率が高まるともいわれ、これらは、歯周病菌の毒素が血管の中で詰まり、血液の流れを悪くするために起きるといわれています。

歯周病の進行

G歯周病の進行
歯周病の内、炎症が歯ぐきの範囲内に納まっている状態のことを指し「歯肉炎」と表現します。
※尚、歯ぐきを越えて歯を支えている骨にまで炎症の範囲が広がっているものを歯周炎と表現し、それぞれ程度によってP1~P4に段階分けをします。

P1歯周病の進行
炎症の範囲が歯ぐきを越えて歯槽骨(歯を支えている骨)にまで到達した状態を指します。
歯と歯ぐきの間の溝が3mm程度と健康な状態より深くなっています。通常余り症状は有りませんが、歯磨き時に痛みや出血が見られます。比較的短期間の通院と正しい歯磨き習慣とで、それ以上の進行を防ぐことが出来ます。

P2歯周病の進行
炎症によって溶かされた骨の量が更に多くなり、歯と歯ぐきの間の溝も(P1より)4~5mm と深くなっている状態を指します。歯が若干左右に揺れたり、歯ぐきからの出血や口臭で気付くことがあります。

P3歯周病の進行
歯と歯ぐきの間に出来た溝が6mm以上の深さに達した状態で、もはや自力で治すことは不可能です。この時期になると歯もかなり大きく揺れるため、硬いものを噛むと痛みや不安を感じます。口臭もかなり強烈です。

P4
歯を支えている骨がほとんど無い状態です。歯は前後左右・上下にも動いてしまう状況で、痛みも強く噛む動作ができません。歯を治療して残す選択肢はありません。出来る限り早期に歯を抜き、入れ歯などで対応します。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております