顎関節症の三大症状

顎関節症

・あごがカクカクと音がする
・あごが痛い
・口が開かない

このような、あごの異常が気になることはありませんか。あごの痛みや違和感は、顎関節症の症状の一つです。そのままにしておくと、さらに症状が悪化して日常生活にも支障をきたすようになります。当院では顎関節症の診断と治療を行っていますので、早めの診断をおすすめします。

日本人の2人に1人は顎関節症
近年、日本人の2人に1人は顎関節症の症状があり、20代~30代の女性に多いあごの病気といわれています。顎関節症は、あごの骨のずれが原因で起きる顎関節の病気です。ひどくなると激痛が走り、頭痛や肩こりに悩まされ、身体にも悪い影響を及ぼします。

顎関節症の原因

あごのズレは、歯ぎしりや食いしばり、頬杖や姿勢の悪さなどが原因で生じます。なかでも一番大きく影響しているのが、食いしばりと噛み合わせです。

<あごがズレる、主な原因>
くいしばり / はぎしり / うつ伏せ寝 / 柔らかいものばかり食べる / 頬づえ / 外因性の怪我 / 強いストレス / 悪い姿勢 / 歯科治療 / 不正咬合 など

【原因1】くいしばり顎関節症
お口を閉じた時、通常は上下の歯は接触せずに少し開いた状態で、触れ合うのは食事をしている時だけです。この時、歯には約40㎏の力が加わります。ところが意識的に歯を食いしばったり歯ぎしりをしたりしている場合だと、約100㎏もの力が加わるので歯や根にダメージを与え、むし歯や歯周病にもなりやすくなります。それが長期間続くと顎関節にも負担がかかり、頭痛・肩こり・手足のしびれなど全身にも悪い影響が及んできます。

<食いしばりによる、不定愁訴>
頭痛 / 頚椎部の痛み / 肩こり / 手足のしびれ / 腰痛 / 歯のしみ / 歯の傷 / 歯が動く / 歯の痛み / 歯ぐきの出血 / むし歯 / 歯根破折 など

【原因2】上あごと下あごのズレ顎関節症
あごのズレが大きいと顎関節症になりやすく、頭痛・肩こり・腰痛・めまいなどの不定愁訴などが現れやすくなります。
上下の歯を噛み合わせた時の歯の状態を見た時に、

・上の前歯と下の前歯の位置がズレている
・下の歯が上の歯に隠れて見えない
・上の前歯が下前歯に被さっていない

などの状態であれば顎関節症の可能性があります。また、姿勢が悪くて背骨がズレている場合も、あごがズレる原因になります。

顎関節症の治療の流れ

顎関節症は、原因を詳しく探り、マウスピースなどを使って、あごのズレを正常な位置に戻して症状を改善します。当院では、より効果的な治療を行うために、噛み合わせを含めた矯正治療を行っています。

Step1.カウンセリング
患者さまの症状や治療に対するご要望などを伺い、お口の中の状態を詳しく調べます。また、診断に必要な検査を行います。
次へ
Step2.セカンドカウンセリング
検査結果をもとに診断し、現状を説明いたします。
次へ
Step3.マウスピース
マウスピースを装着して下顎を正しい位置に誘導します。ここでの正しい位置とは、顎の痛みや頭痛・肩こりなどが消える、患者さまの体が楽になる位置です。1~3か月ほど様子を見ていきます。
次へ
Step4.仮歯の製作
あごが正しい位置に戻ったらその状態をキープして、正しい噛み合わせになるように仮歯を製作して装着します。
次へ
Step5.人工歯の装着
最終的な被せ物を装着し、その後は経過観察をいたします。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております