当院のむし歯治療の特長

【特長】できるだけ歯を削らない治療歯を削らない治療
むし歯治療では、再発を防ぐために感染した部分を確実に削ります。肉眼では目に見えないむし歯が残ってしまう可能性があるので、削り残しをなくすために、拡大鏡で細部まで確認します。また、むし歯の状態などに応じて、3mixやドックスベストを使うことで、削る量を最低限に抑え、確実に殺菌して歯を長持ちさせます。

【特長】痛みの少ない治療
表面麻酔やペン型の麻酔注射器を使うことで、麻酔時の痛みや違和感を抑えています。ペン型の麻酔器は手動ですが、通常の手動麻酔器に比べると軽い力で薬が注入でき、ゆっくり注入するため痛みはほとんどありません。また炎症がある場合は、麻酔が効かず強い痛みを感じることがあります。その場合は、無理に治療をせずに薬で炎症を抑えてから麻酔をすると、痛みはほとんど感じません。痛みの不安をできるだけ取り除けるよう、細かい部分にまで配慮しています。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております