審美性と機能性を重視した審美歯科

審美歯科

歯の色や形は、口元の印象を左右するだけにとても気になるものです。そうした、歯の色や形に関する悩みを解消する治療が審美歯科です。審美歯科とは、歯の形や色を整えて美しく見せるための治療で、いわば歯のエステ。古い銀歯から白い人工歯に変えたり、歯そのものをホワイトニングで白くしたりすることで、口元の見た目を美しく整えます。

ていねいな処置で長持ちさせる
審美歯科というと、美しさだけを重視しがちに思いますが、いくら美しくても、きちんと噛めなければ歯は機能しません。また、しっかり噛めても見た目が損なわれてしまっては、かえって不満が残ります。

当院の審美歯科は、審美性と機能性を考えた長持ちする治療です。ていねいに削り、正確に型取りをし、歯ぐきの状態をコントロールしてから隙間のないようしっかり被せます。歯と歯ぐきの間のすき間をなくすと、汚れが溜まりにくくなり、新たなむし歯や歯周病を防ぐことができ、長持ちすることもつながります。

まずは歯周病のコントロールから
歯周病などで歯ぐきの状態が悪い状態で被せ物を装着すると、見た目が悪くなるばかりか、歯と歯ぐきの間に隙間ができやすくなり、歯周病をかえって悪化させてしまいます。補綴物を被せる前に歯周病をコントロールし、症状が重い方は仮歯を入れてシミュレーションを行った後に本歯を装着します。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております