カウンセリングで歯周病予防のアドバイス

歯周病予防歯周病は自覚症状がないので、初診時の検査で、初めて歯周病になっていたことを知る場合がほとんどです。カウンセリング時には、歯周病の原因と併せて、食生活や生活習慣の見直しや、全身疾患との関連性などについて説明しています。

歯周病と全身疾患の関係
歯周病は顎の骨を溶かす病気ですが、近年では、全身に悪い影響を及ぼしていることが明らかになってきました。特に糖尿病との関係は密接で、糖尿病患者の歯周病発症率は高く、歯周病により糖尿病が悪化することもあり、「歯周病は糖尿病の合併症の一つ」とさえいわれています。また心筋梗塞や狭心症、脳梗塞などの発症率が高まるともいわれ、これらは、歯周病菌の毒素が血管の中で詰まり、血液の流れを悪くするために起きるといわれています。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております