まずは、できることから始めます

小児歯科初めて診察室に入ってきたお子さまを、いきなり治療しようとすると泣きだしてしまいます。当院では、お子さまの性格を見ながら、ステップを踏んでできることから始めていきます。

怖くないことが分れば、もう大丈夫!
ユニットに座ってもらい、そのまま椅子を倒します。仰向けになって、お口を開けてもらったら、「エアーを吹きかけるけど大丈夫かな?」と声をかけて、空気を吹きかけます。それができたら水をかけ、その次のステップで、バキュームで水を吸い取ります。ここまでクリアできたらもう大丈夫です。治療器具をお口の中にいれても、怖くないことが分かり、嫌がらずに治療を受けられるようになります。

時にはご家族に協力をお願いすることもあります
まれに、痛みがひどくても治療を嫌がることがあります。早急に治療が必要な場合もあります。その際はご家族にも協力してもらい、お子さまが暴れて怪我をしないように押さえていただく場合があります。原則的に無理な治療はしませんので、ご安心ください。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております