顎関節症の治療の流れ

顎関節症は、原因を詳しく探り、マウスピースなどを使って、あごのズレを正常な位置に戻して症状を改善します。当院では、より効果的な治療を行うために、噛み合わせを含めた矯正治療を行っています。

Step1.カウンセリング
患者さまの症状や治療に対するご要望などを伺い、お口の中の状態を詳しく調べます。また、診断に必要な検査を行います。
次へ
Step2.セカンドカウンセリング
検査結果をもとに診断し、現状を説明いたします。
次へ
Step3.マウスピース
マウスピースを装着して下顎を正しい位置に誘導します。ここでの正しい位置とは、顎の痛みや頭痛・肩こりなどが消える、患者さまの体が楽になる位置です。1~3か月ほど様子を見ていきます。
次へ
Step4.仮歯の製作
あごが正しい位置に戻ったらその状態をキープして、正しい噛み合わせになるように仮歯を製作して装着します。
次へ
Step5.人工歯の装着
最終的な被せ物を装着し、その後は経過観察をいたします。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております