痛みに配慮した治療-養父市八鹿町の歯医者・歯科・インプラント・矯正歯科なら「さとし歯科医院」

079-662-7100
診療時間
月火水金土 9:00-12:00 / 14:00-18:30(土 17:00)
訪問診療
休診日
日・祝
079-662-7100
診療時間
月火水金土 9:00-12:00 / 14:00-18:30(土 17:00)
訪問診療
休診日
日・祝

痛みに配慮した治療

痛みに配慮した治療

治療中の痛みは患者さまにとって苦痛であり、痛みが怖くてぎりぎりまで我慢してしまう方さえいるほどです。痛みのために大切な歯を失ってほしくありません。当院では、痛みに配慮した患者さまに優しい治療を心がけ、痛みの不安やストレスを考えた治療を行っています。ペン型麻酔器や表面麻酔を使った麻酔注射は痛みや違和感が生じにくくなるなど、痛みに敏感な方を意識した治療を心がけています。

ペン型麻酔器を使った、痛みを考えた麻酔

歯を削る時の痛みを抑えるために麻酔を使いますが、麻酔注射そのものに強いストレスを感じる方がいらっしゃいます。当院ではペン型の電動麻酔器および手動麻酔器を使って痛みや違和感を生じにくくできるので、痛みに対する不安やストレスを緩和した治療を受けられます。

ペン型麻酔器とは?

麻酔時の痛みを感じる大きな原因は、麻酔液を入れる時の圧力と速度です。ゆっくり注入して痛みや違和感を覚えにくくできます。電動麻酔器の場合は麻酔液を一定の速度で注入でき、痛みを緩和することが可能となります。

ペン型麻酔器は、ボールペンに似た形をした麻酔器で、カチっと軽くノックするだけで麻酔液を注入できます。押し込む必要がないので、針を刺した時や注入時の痛みや違和感が生じにくくなっています。注射器を見ただけでストレスを感じる方がいますが、ペン型麻酔器は見た目がペンのように見えるため心理的な不安を解消しやすくなります。

表面麻酔で針を刺した時の痛みを和らげる

麻酔をする前に、表面麻酔を効かせてから針を刺します。表面麻酔は麻酔前に使用するジェル状の麻酔薬で、粘膜に直接塗ると数分後に感覚が麻痺し、針を刺した時の痛みがわからなくなります。しっかり効かせてから麻酔をするので、針を刺した時のチクッとした痛みが和らぎます。

ひと声かけて不安を和らげる

痛みの不安で一番多いのは、突然の痛みです。いきなり麻酔をすると、それ自体が強いストレスになることがありますので、「これから麻酔をするので、ちょっとチクッとしますよ」と、ひと声かけてから麻酔をします。こうすることで、患者さまの心構えができて安心します。